検索
  • 松本愛子

録音して練習すると効率が良い

題名にも書きましたが、効率良く練習するのにおすすめの方法はとにかく自分の演奏を「録音」することです。


録音するのに勇気がいるという方は

録音することのメリットを考えてみるのはいかがでしょう。


一人で練習するという行動に「録音をする」という行動を付け加えることで、いつもと違う「良い緊張感」をもつことができます。


本番だと思って演奏する、という練習にもなりますね。



あと「録音はしたが聴くのに勇気がいる」

という声もよく耳にします。



私も初めはそうでした。

初めて録音した時は、失敗したところを聴くのに、とても勇気がいりました。


それに自分の下手さかげんを目の前に突きつけられる感じもします。



しかし、本番でそれを全員の前で披露するより、いまここで何度も失敗した方がマシだ!

と思い、何度も何度も録音を続けていきました。



そうすると間違えたところもそうですが、上手くいったところにも目がいくようにもなり自信もつくようになりました。



「録音」は悪いところばかりをみるのではなく、

・自分の今の状態を記録する

・良いところにも自信を持つ

というスタンスで聴くことも大事なことだと思っています。



最近はスマホなどでも簡単に録音できるようになりました。

ぜひ活用してみてください。






閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示